藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

魔裟斗の妻・矢沢心が不妊治療を語る 「7回もの体外受精」

ノンカテゴリ

魔裟斗の妻・矢沢心が不妊治療を語る 「7回もの体外受精」
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

矢沢心 赤ちゃんは自然にできるものと思っていた

格闘家の魔裟斗さんの妻で女優の矢沢心さんの連載が、8月24日に日経DUALでスタートした。

 以前より自身のブログなどを通じ、4年に及ぶ不妊治療の末、
ようやく待望の赤ちゃんを授かったことを公表してきた矢沢心さん。
現在は、5歳と、もうすぐ3歳になる2人の女の子がいるが、
1人目を授かるまでの道のりは長く、つらく、遠いものだったという。

 連載では、7回目の体外受精で長女を授かるまでの日々が綴られる予定で、
第1回「赤ちゃんは自然にできるものと思っていた」では、
高校時代に「多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)症候群」という、
生理不順や無月経を引き起こす症状と診断されたことや、夫・魔裟斗と結婚したのち、
1年待っても妊娠の兆候が全くなく、20代半ばで人工授精を開始したことなどが明かされた。

矢沢さんは「もしかしたら私の経験が励みになることもあるかもしれないと考えるようになりました。悩みを解決するキッカケになるかもしれない」と連載への想いを語る。

 2010年6月に行われた「第14回出生動向基本調査」によると、
不妊の「検査や治療を受けたことがある(または現在受けている)」と
答えた夫婦が全体で16.4%、およそ6組に1組の計算になる。

結婚したのに授からない……もしかして不妊?

 夫とは、5年間の同棲を経て、2007年に結婚しました。私が25才のときです。「もう、いつ赤ちゃんを授かってもいい」と思い、ピルを飲むのをやめました。それなのに、妊娠しやすくなるといわれた3カ月が過ぎても、妊娠しない。半年経っても授からない。このころ、からだの冷えを改善するために漢方薬を飲み始めましたが、1年待っても、何の兆候もありませんでした。

 周りにもなかなか授からないという友人がいて、「結婚して2年経っても赤ちゃんができないのは不妊らしい」と聞き、「私もそうなのかも!」と思いました。それで、ピルを処方してもらっていた病院に相談してみることにしたのです。そこは不妊治療もしている病院でした。先生は、「(まだ若いから)そんなに急がなくても大丈夫」と言いましたが、まずは人工授精から始めることになりました。

 私は20代半ばでしたし、結婚して1年でしたから、確かに不妊治療を始めたのは早いほうだと思います。でも、「夫の遺伝子を受け継ぐ赤ちゃんが欲しい。そのためにできることがあるなら、早いほうがいい」と思ったのです。

 夫のおじいさんは太平洋戦争で亡くなったそうです。でも、戦争に行く直前に夫のお父さんが生まれていて、そして夫が生まれました。遺伝子って、そうやってつながっていくんだなぁ。私の大事な人である夫も、つないでもらったからこそ、今ここにいてくれるんだなぁ。そう思ったとき、私も夫の遺伝子を残したいと思いました。もしいつか大事な人が亡くなってしまっても、子どもがいれば、その遺伝子は受け継がれて、大事な人の何かはずっと残っていく。だから、残したいと決めたなら早く行動したほうがいい、というのが私の気持ちでした。

 通っていた病院の待合室や診察室には、そこで治療をして授かった赤ちゃんの写真がたくさん貼られていました。「生まれました。先生のおかげです」というような感謝のハガキも貼られていて、「自分もこうなるんだな」「きっとハガキを送っちゃうな」なんて思って、なんだかウキウキしていたのを覚えています。このときの私は、ぼんやりと、「治療さえすれば授かる」と思っていたんですね。それが、まさかあんなに長い闘いの始まりになるなんて、思いもしていませんでした。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸